アイフルの審査基準を知りたい!何が重視されるのか教えて

銀行とかでは、たぶん審査に通らないので、アイフルでお金を借りようと思います。それでも、審査には少し不安があるのですが、審査で、どんなことが重視されるか、教えてください。

まずは信用情報、他の属性も合わせてスコアリングされます

アイフルの審査で重視されるポイントは、やはり信用情報が真っ先にきます。過去の債務整理や、繰り返しの滞納など、事故と呼ばれる状況は、お金を貸し付ける側にとって、大きなリスクになります。破産していた場合、最低でも7年くらいは経過していないと通らないでしょう。

アイフルの審査は、多重債務に関しては、ある程度柔軟だと言えます。たくさん借りている人でも、お借入できている場合があります。通常、他社借入は、3社程度までがグレーゾーンと言われ、それ以上あるとなかなか借りられないのですが、4社の借り入れがあっても、お借入できる例がありました。

他に重視されるポイントとしては、年齢、年収、勤務先、勤続年数などがあります。これらの項目で、嘘を書いてはいけません。また、電話番号はできるだけ、固定電話の番号も記入しましょう。勤続年数が1年未満だと、借りづらくなります。勤務先は、きちんとそこに勤めているという証拠が求められます。これは、電話などで相手が確認を取ってくる形になります。

あと、稀にあるのですが、住所不定など、明らかに問題がありそうな場合、審査に通らないですので、そういう方は生活保護でも何でも使って、とにかく住居は固定してください。なぜかというと、消費者金融の側としては、ここではアイフルですが、いざ返済がなかったというときに、電話で連絡が取れない、住所がわからないでは、直接行って返済を促すこともできず、困るからです。

ただ、アイフルの審査において、パートタイムやアルバイトで収入を得ていること自体は、問題ではありません。パートやアルバイトであっても、しっかりとした安定的な収入があれば、その収入の範囲で審査には通ります。

これらの情報はすべて、最終的にスコアリングされ、その点数次第で、融資が決まってきます。

アイフルから借りるときの審査の基準は甘い

アイフルから借り入れをするためには、まず口座開設をしなければなりませんが、このときにはアイフルが定めた基準に基づいて審査が行われることになります。これにパスしなければならないのですが、実はそれほど厳しくはないという特徴があります。ですから、借り入れをしやすいと考えられるのです。

厳しくないとは言っても、最低限の条件はパスしていなければなりません。最低限の条件とはどういったもなのかというと、収入があることです。収入がなければ返済をすることもできないのですから、その様な人に対して貸し付けるわけがありません。ですから、収入があることが前提となります。

申し込みをするときには、勤務先の住所や連絡先などを記入することが必要となります。ですから、働いていない場合には申し込みすらできないことになります。ただ、正社員として働いていなければならないわけではありません。正社員ではなくても、アルバイトや契約社員、あるいは派遣社員などのような非正規雇用として働いていたとしても、収入があれば申し込むことはできます。

年齢制限についても把握しておく必要はあります。20才から69才であれば申し込みをできるとなっています。70才になると申し込みはできませんし、すでに口座を開設していたとしても、70才になれば新たな借り入れができなくなります。ですから、年齢を重ねていれば借りにくいという傾向はあると言えるでしょう。

申し込みをする段階である程度は絞られることになりますし、申し込むことができたとしても審査に通るわけではありません。全ての人がアイフルを利用できるわけではないと言えるでしょう。ただ、銀行などに比べるとかなりとおりやすいという傾向はあります。

アイフルのウェブサイトでは、一秒診断というサービスがあります。借り入れができるのかどうかを簡易的に診断するサービスで、これを利用すれば事前に借りることができるかどうかがある程度は分かります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 自動車融資はどうする?初心者でも安心のキャッシング会社はコレ All Rights Reserved.